整体とO脚矯正の「森愈庵(しんゆあん)」は大阪府 八尾市 山城町にある地域一番店を目指す整体院です。


自律神経(自律神経失調症)


自律神経とは
  私たちが、生きていけるのは、
    「心臓が動き、呼吸を行い、血液をからだ中に送り、
     食べたものを消化し、排泄する」
                 などの働きによってですね。
  これらの働きは、私の意思で、行うのではないですね。
  私が、テレビに夢中なときも、寝ているときも
  忠実に、
自動的に働いてくれています。

  この働きを行うのが、「
自律神経」です。


交感神経と副交感神経

  自律神経には、2種類の状態があります。
  「
交感神経優位」と「副交感神経優位」です。
  車にたとえれば、交感神経優位が「運転状態」で
  副交感神経優位が「メンテナンス状態」になります。

  私たち人間も、仕事をしたり、人としゃべったり、
  勉強をするときには、かなり頭や体を使います。
  このときには、自律神経は、
    「血圧を高くし、鼓動を早くし、
     血液を活動部分に集めます。」
  つまりエンジンの回転数を上げるんです。
           (
運転状態交感神経優位

  でも、いつまでも、エンジンの回転数を上げたままでは、
  エンジンは壊れてしまいますね。

  なので、エンジンを休めて、
  ガソリン・オイル・ブレーキパッド等を補充します。
     つまり、
     「血圧を下げ、呼吸を深くし、
      酸素をたくさん取り込み、血の循環を良くし、
      消化活動を高めます。」
  
        (
メンテナンス状態=副交感神経
優位

  この
両方の働きがバランスよく
行われ、
  私たちの身体は健康に保てる
のです。

  よく、「副交感神経優位=善玉、交感神経優位=悪玉」的な
  取り上げられ方がされます。
  でも、エンジンを回さなければ、仕事はできないし
  乗らなすぎる車が壊れるのも早いですね。
  だから、
どちらの働きも絶対に必要なのです。


自律神経失調症

  ところが、最近こんな車が増えてきているのです。
  「車を休めようとして、車庫に入れて、
   キーを抜いたのに、まだ、エンジンが回っている!?」
  
  これは、車の司令塔であるマイコン部分に
  静電気が帯電して、壊れているにちがいない。

  マイコンは、人間の身体で言えば、
  そう、「脳」ですね。
  それなら、静電気は?
  そのとおり「
ストレス」です。

  仕事が終わり、身体を休めるべき時なのに、
    「今日のAさんの施術は、○○が足りなかった。」
    「明日のBさんは、痛みは元に戻ってるのだろうか?」
  というように、寝るときまで考えていると、  
  身体は脳に忠実なので、エンジンを回し続けるのです。

  ストレス以外に、「
生活習慣の乱れ」も影響します。
  
交感神経は、太陽が昇っている間に働き
  
副交感神経は、夜に働きます。

  でも、昨今の生活事情から、
  「夜中まで残業」、「夜中2・3時に寝て、昼に起きる」
  などの、生活習慣の乱れが原因になることも。

  そうなると、つねに血圧を上げ、呼吸を浅くし、鼓動を早くします。
  これでは、
筋肉も内臓も全然休むことができません
  なので、身体はいつも、疲れた状態になります。

  このような状態で、こころや身体に不調が出たら、
  「
自律神経失調症」と診断されます。
  自律神経失調症になると、次のような病気に
  なりやすいと言われています。
    ●偏頭痛  ●緊張性頭痛  ●めまい
    ●不整脈・頻脈  ●過呼吸症候群
    ●神経性嘔吐症  ●過敏性腸症候群
    ●ガン  ●膠原病(リウマチ・エリトマトーデスなど)
    ●うつ病  ●不眠症(寝付きが悪いも含む)

  ほか、
あらゆる慢性疾患の原因にもなると言われています。

  また、「
自律神経の乱れから来る腰痛・肩こり・頭痛など」も
  あります。

  次の項では「整体で自律神経を整える」について、
  書きたいと思います。

目次へ  
ストレス(イメージ)
車(イメージ)
アマルクリナム
不眠症(イメージ)
スカシユリ




Copyright (c) 2007 Sinyuan All Rights Reserved