整体とO脚矯正の「森愈庵(しんゆあん)」は大阪府 八尾市 山城町にある地域一番店を目指す整体院です。



「肩が前にいく」

最近、肩が胴体の前側にいく姿勢の人が多いですね。
この姿勢かどうかの見分け方はこちら(click!)を見てください。

肩と腕が前にくるのは、
「上腕骨・肩甲骨・鎖骨」の
3つでセットの肩関節(左図)が、
本来あるべき位置より前寄り・上向き・外向きに移動
するから。

ちょっとわかりにくいので、次のイメージを膨らましてください。

右図の各肩甲骨の上に肩甲骨の形の湿布薬を貼るとします。
その湿布薬を上方向に10㎝、外側に10㎝に動かしたところに
貼り替えます。
この湿布薬の位置が、肩が前にきた時の肩甲骨の位置です。
もちろん、人によって、1㎝もあれば、15㎝もあります。
その数字が大きい人ほど、肩甲骨の内下部(左図
マーク)が、
背中から離れて、浮き上がった状態になりますね。

それでは、どうして肩が前に行ってしまうのでしょうか?

それは、現代人の生活スタイルが大きく関係しています。
①「
前方向・下向きが多いから
   私たちの日常の動作のほとんどが、
身体の前で、
   そして
頭より下方向で行われるためです。
   とくに、デスクワーク、その中でも
パソコンを使用する時間の多い人は、
   この肩・腕が前に来やすいと言えます。

②「
腕が硬くなって
   あなたの体で、一番よく動かしている器官はどこでしょうか?
   そうですね、腕ですね。
   中には、手を動かさないで、口ばかり動かしている人もいますが?!……
   つかむ、握る、書く、投げる、はたく…いろいろな動作がありますが、
   どの動作も「
腕の内側(気をつけのとき、胴に当たる側)を縮め」ます。
   だから、内側が硬くなりやすい。
   また、手首や肘を酷使すると、関節がずれて、硬くなる。
   硬くなった筋肉につながっている肩関節は前に引っ張られてしまうのです。

そして、
肩が前側に行くとどうなるのでしょうか?

①「
肩・背中・首がつらくなりやすい
    本来、肩・腕を中心として、前側の筋肉(胸の筋肉など)の長さと、
    後ろ側の筋肉(背中・肩の筋肉など)の長さが「5:5」であるところが、
    肩・腕が前に移動することによって、「前が4:後ろが6」というふうに
    後ろの背中・肩の筋肉が伸ばされてしまい、弾力を失い、
    コリとなるのです。

②「
肺の働きが低下しやすい
    肩・腕が前に移動することによって、
    風船のような構造の肺が圧迫され、
    充分な空気が取り込めなくなります。
    呼吸が浅くなると、必然的に、体中に送り込まれる酸素の量が減り、
    エネルギーへの交換が不十分になります。


それでは、
肩の位置を戻すにはどうすればいいのでしょうか?

肘・手首などのずれがあれば正す
    肘・手首の各関節のずれをいろんなところを押しながら、確認します。
    痛いところがずれているところです。
    ずれを正すと、腕の筋肉が緩んできます。

②「
腕の内側の筋肉を緩める
    腕の内側を等間隔に軽い刺激を入れます。
    すると、硬かった筋肉が緩みだします。

③「
肩関節を後ろに戻す調整を行う
    腕を緩めたあとで、上腕骨・肩甲骨・鎖骨からなる肩関節を
    いくつかの方法で、後ろに戻します。

④「
日頃から
    いつでも、どこでも、時間があれば、さっと
「胸を張る」動作
    行ってください。
    胸を張るというのは、左右の肩を後ろにそらすことですね。
    胸を後ろにそらすのではありません。
    
ただし、「肩関節の前への移動」が大きい場合は、
胸鎖関節(左図)のズレ(click!)」がある場合が考えられます。
その場合は、胸鎖関節を正しい位置に戻していきます。



目次へ
   
肩関節
ジャーマンアイリス
タイサンボク
胸鎖関節



Copyright (c) 2007 Sinyuan All Rights Reserved