整体とO脚矯正の「森愈庵(しんゆあん)」は大阪府 八尾市 山城町にある地域一番店を目指す整体院です。



股関節(大切な一番大きな関節)

わたしたちの体には、多数の関節がありますが、
その中でも
もっとも大きな関節が「股関節」ですね。


No.1クッション

関節の働きといえば、肩関節・手首のように、唐辛子
前後・左右に 自在に動かすことができます。
しかし、それと同じぐらい大切な働きが、
もう一つあるんです。
それは、
クッションとしての働きです。

わたしたちの体の40㎏~90㎏の重量が
  ◇歩行時には体重の
1.2倍 
  ◇ランニング時には
3倍 
  ◇ジャンプ時には
5倍     になって、体にのしかかります。

それらの重量が、骨や筋肉にダイレクトにかかると、
さすがの骨や筋肉も持ちこたえられませんね。

それらに持ちこたえるために、すばらしい体(自然)の構造は、
「背骨のS字カーブ」・「椎間板」・「関節」という、
すばらしいクッションを生み出したのです。
その関節の中でも
、背骨と並んで
最も大きなクッションが、「股関節」
なんです。

ですので、この股関節がずれを生じ、硬くなると
クッションとしての働きができなくなり、
背骨や膝等に負担をかけます。


影響力の強い股関節のずれ

また、
股関節(太ももの骨)のゆがみの影響を受けるのが、
すぐ上に位置する「骨盤」と、すぐ下に位置する「膝」です。

股関節(太ももの骨)が
内旋方向にずれると、
    その側の骨盤は閉じ気味
になります。
また、
外旋方向にずれると、
    その側の骨盤は開き気味
になります。

次に、下に位置する「膝」も影響を受けることが多いですね。
股関節が内旋方向にずれると、
   その側の膝より下は
反対の外旋方向にずれることが多いです。
また、外旋方向にずれると、
   
その側の膝より下は、反対の内旋方向にずれることが多いです。
ただし、両者共に同方向にずれる場合もありますけど。

そのように、
「股関節」は、
骨盤や膝関節のゆがみの原因になることがある
ので、
かならずチェックをします。



そのチェックの方法と修正体操

  ◇足の裏をあわせる
あぐらをかいた時、
   
膝と床とに10㎝以上のすき間がある = 外旋方向にずれています。
     修正体操→ 仰向けに寝て、その側の膝を立て、
           膝を内側に20回ほど倒します(b)。

  ◇
正座をして二の足を太ももの外側に出した時、
   
お尻が床に着かない時は = 内旋方向にずれています。
     修正体操→ 仰向けに寝て、その側の膝を立て、
           膝を外側に20回ほど倒します(a)。

  ◇また、両方ともの場合は = 
股関節がとても硬くなっています。
     → 仰向けに寝て、その側の膝を立て、
       膝を内・外側に20回ほど倒します。(a・b)

上記の方法で、股関節のズレが正されない場合は、
股関節に手を置いて、
微圧をかけて、戻していきます。

これらのずれ・硬さを取れば、股関節の可動域が広がるとともに、
各筋肉(背中の筋肉・腰の筋肉・臀部の筋肉・太ももの筋肉…)などが、
柔らかくなり、
首・肩・背中・腰・膝などがとても楽になります。水仙


また、鼠径部(そけいぶ)の痛みは、
だいたい
骨盤のズレからきています。
(参照「鼠径(そけい)部が痛い」こちらclick!)






目次へ
股関節
骨盤-股関節-膝のずれの関係
修正体操(股関節)






Copyright (c) 2007 Sinyuan All Rights Reserved