整体とO脚矯正の「森愈庵(しんゆあん)」は大阪府 八尾市 山城町にある地域一番店を目指す整体院です。


「寝違え」

寝違えとは

  朝起きた時に首の横の筋が突っ張って、
  首を動かすことがつらい時がありますね。
  時間と共に、その突っ張りは取れますが、
  ひどい時には、何日もそのような状態が続きます。

  「寝違え」は、首の筋肉が硬く、それをほぐすと、
  その症状が取れることが多いです。

  首の筋肉の中でも、一番硬くなりやすい筋肉は、
  「
胸鎖乳突筋」という筋肉です。
  首の真横を親指で押したときの、太い筋がそうです。
  この筋肉が、とても硬く、時にはグリグリの玉が。


自分でできる対処法

  
筋肉を親指で軽く2~3秒押し、ぱっと指を離します
  首の上から下側に順に、やってみてください。
  血がさっと流れ、だんだんと柔らかくなってきます。
  
グリグリは軽く指で押さえ、1~2ミリずつ、
  移動させる
と、柔らかくなってきます。
  ぜひ、試してみて下さい。


寝違えのホントの原因

  それでも、まだ首が廻らない・つらい時があります。
  それは、首の筋肉だけが硬いのではないのです。
  と言うか、
寝違えは首の筋肉の問題というよりも、
  肩・腕の問題
なんです。

  人間は、
多くの作業を前で・下向きで、手で行います。
  その動作を、何年も続けて行っているわけです。
  その結果、
身体の真横にある肩が、前に移動します。
  これを「
肩の前方転位」と言います。

  すると、
肩甲骨と頭の骨をつなぐ首の筋肉
  (僧帽筋・肩甲挙筋・胸鎖乳突筋等)が伸ばされ、
  これ以上伸びると、ちぎれてしまうと身体が判断すると
  筋肉をロックさせ、硬くなってしまう
のです。

  別の項の「肩こり」も同様です。
  
よって、「寝違え」をよくする人は、肩こりもあります

  そんなときは、まずは
前腕の筋肉をほぐします
  それから、腕と背中側を繋いでいる
硬くなった各筋肉に
  アプローチし
、弾力を取り戻します。
  そのあとに
肩関節を元の位置(後ろ側)に戻していきます。
  すると、伸ばされていた首の筋肉が元に戻ります。

  それに加えて、鎖骨がずれている場合が多いです。
  鎖骨については、鎖骨のページ(こちら←click!)をご覧ください。


肩の前方転位のチェック方法

  ①壁にお尻・背中・頭をつけます。
  ②片手を胴体から直角になるように前に、
     肘を曲げずに真っ直ぐに差し出します。
  ③そこから腕が耳に触れるようにして上げていき、
     肘を壁につけます。
  ④肘が壁につけば、肩の前方転位はなし、
     着かないと、肩の前方転位です。
     程度は、壁までの間隔で判断します。


ときには、こんなずれからも…

  ただ、こうしたつらさを持っている人は、
  多くが
背骨(胸椎・頸椎)がずれてしまっています。
  その場合、
骨盤もずれていることが多いです。
  ときには、
頭の骨(アゴ・側頭骨・後頭骨)なども
  ずれています。


  森愈庵では、体の関係性を粘り強くチェックし、
  各部分を丁寧に調整し、根本的な体調の改善を目指します。




目次へ
寝違え(イメージ)
胸鎖乳突筋
     胸鎖乳突筋
(「ボディナビゲーション」より)
肩の前方転移
    肩の前方転位
ジギタリス




Copyright (c) 2007 Sinyuan All Rights Reserved