「反り腰」
整体とO脚矯正の「森愈庵(しんゆあん)」は大阪府 八尾市 山城町にある地域一番店を目指す整体院です。






「反り腰」は、文字通り、
背骨の腰の部分の弯曲(お腹側へのカーブ)がきつく、
反っている状態
のことですね。


「反り腰」の人の見分け方は、

  ①壁に、立ったまま足もお尻も背中もべたっとつけたとき、
   
腰の骨と壁とに手の平2本以上のすきまができます。
   いちどお試し下さい。

  ②背骨をなぞてってみると、タテ向きのS字カーブがきつい(左図上)。
   ただし、
タテ向きのCの字カーブがきつく(左図下)て、
   反って見える
ものもあります
   これは、反り腰でなく、「引き腰(click!)」です。
   よって、反り腰と引き腰の見分けは、とても難しい。
   ただ、
イスに座ったときには、その差がはっきりします。
   
イスに座った時の腰椎が、反っていれば反り腰で、
   後側に膨らんできていれば、引き腰
です。

  ③肩が前転している人が多く、その結果、「
猫背」になっています。
   詳しくは「肩が前にいく(click!)」をご覧下さい。       
   このような方は、肩幅がせまく見えます。          

  ④反り腰の方の
「骨盤は前倒れ」になっています。      
   骨盤は前倒れになると、ウエストの部分は細く見え、
   股関節の付け根の外側部分が出っ張り、幅広く見えます。
   よって、上半身が細く、下半身が太く見え、
   いわゆる「
下半身太り」に映ります。


また、背骨の腰椎の部分(おへその裏辺り)の曲がりがきついと、
腰椎の各椎から出ている神経が圧迫され、
腰から脚にかけての不調(痛み・だるさ・つっぱり・しびれ)の原因
となります。


「反り腰」を改善させるためには、次の施術が必要です。

  ①骨盤の前倒れをあるべき位置に正す
    原因となっている「
腸腰筋・小臀筋・内転筋
    等
」の短縮をストレッチにて伸ばし、
    
骨盤に矯正をかけます。
   

  ②「
股関節の内旋を正す
    骨盤の前倒れの際は、太ももが内にねじれて
    いる場合が多く、
逆の外側にねじる矯正
    かけます。

  ③
肩の前転を正す
    
前腕・肩周りの筋肉を緩め、
    
胸鎖関節の歪みを正し、
    前にいった肩を元の位置に戻します。

  ④「
家でやってもらうこと(宿題)
    反り腰を正すということは、
身体の根幹部分を正すので、
    日常的な自己矯正や運動が必要
とされます。

     Ⅰ「
座骨にバスタオル巻きを当てる  座骨枕
    
     お尻の一番下の骨盤の部分(座骨部)に、
         バスタオルを巻いたものを横向きに置いて、
         その上に仰向けに約10分寝ます。
         これを何回でもいいのですので行ってください。
         
寝てしまうと、場所がずれ、反対方向の矯正が
         かかってしまいます
ので、10分にしていますが、
         寝ないのであれば、それ以上の時間であってもかまいません。
         タオルを当てる場所だけは、間違わずに行ってください。

座骨枕




 
     Ⅱ「
腸腰筋を伸ばす  正座倒し
        ◎正座の姿勢で背中を床に倒します(左図①)
           最初は手を床に着き、徐々に手を頭の方向へずらし、
           最後に背中を床に着けます。
           腰などが痛くなった時は、②の方法で試し、それでも
           痛い時は、すぐにやめてください。
           床が硬い場合は、バスタオルを折ってクッションに
           すると痛くありません。

        ◎背中を着けるのがきつい方は手や肘をついて倒します(左図②)
  
     Ⅲ
歩く→詳しくはこちら(click!)






また、反り腰の改善には、
定期的な施術が必要です。
回数は、年齢・身体の硬さ・反り腰の程度などによって違います。

森愈庵では、全身のゆがみをチェックしながら、反り腰の矯正を行います。



目次へ
反り腰イメージ
引き腰イメージ
秋明菊
正座倒し①
           
正座倒し②
           ②




Copyright (c) 2007 Sinyuan All Rights Reserved