整体とO脚矯正の「森愈庵(しんゆあん)」は大阪府 八尾市 山城町にある地域一番店を目指す整体院です。


「手首」(肩・首・背中・腰などにも影響が…)

肩こりや、首痛、背中痛、ときには腰痛の原因にまでなるのが、
前腕の硬さだと、書きました。

前腕の硬さに一番関係があるのは、
肘の歪みです。
次に、前腕の2本の骨
(橈骨・尺骨)の間がひろがり、
橈骨が下側にずれた
時も前腕が硬くなります。

それらを正しても、まだ、前腕の筋肉が硬いままの時があります。

その際は、お客様に手首を前後に曲げてもらいます。
すると、曲がる角度が浅かったり、
曲げると手の筋が突っ張る感じがあったりします。
それは、手首の各骨(左図)のどれかがずれています。

まず確認する骨は、橈骨と親指の根元の骨(中手骨)に
挟まれた「
大菱形骨」です。
甲側にずれることが多く、ずれる方向にしばらく力を加えると、
元の位置に戻ります。

また、大菱形骨の斜め下にある「
舟状骨」もずれていることがあります。
舟状骨は、その横にある「
月状骨」と対となって、ずれていることが多い。
舟状骨が甲側にずれていれば、月状骨は掌側という具合にです。
これらは、指先にあるツボに刺激をいれると、そのズレが正されます。

そして、今まで硬かった前腕を押さえてみると、ふわふわになっている。
0.何㎜かの変化で、あれだけ硬かった筋肉が柔らかになるのです。
人間の体の不思議さを感じるときです。

しかし、それでも、まだ前腕が硬い時もある。
そのときは、もうひとつ先の
指の骨を確認します。




目次へ
手と腕の骨
紫露草




Copyright (c) 2007 Sinyuan All Rights Reserved