整体とO脚矯正の「森愈庵(しんゆあん)」は大阪府 八尾市 山城町にある地域一番店を目指す整体院です。



「腰痛」

内臓から来る腰痛も
「腰痛」の患者さんを見る場合、
まず、確認しなければならないことは、
「筋骨が原因の腰痛なのか、内臓からくる腰痛なのか」です。
内臓からの痛みなら、
寝て楽な姿勢のときも、痛みが続きます
もし、内臓からくる腰痛の可能性が高い場合は、
まずは、内科にて受診してください。


ギックリ腰
筋骨系の腰痛の場合、次にチェックすべきは、痛みの度合いです。

痛みのきつい腰痛(いわゆる「ギックリ腰」)の場合は、
腰椎と骨盤の部分が、上半身と下半身のジョイント部分なので
多くの靱帯が、あらゆる角度で張り巡らされます。(右図)
姿勢の悪さなどから、ある靱帯が酷使されると
これ以上耐えられないと
ロックしてしまい
それが他の靱帯にまで波及し、
腰の椎間関節や仙腸関節が固まった状態になります。

なので、その硬くなった靱帯にアプローチし、
弾力を取り戻すと、痛みはかなりましになります。

ギックリ腰が癖になって、年に1~2回繰り返す人がいますが、
定期的に骨盤・背骨を整えていると、再発の可能性が低くなります。
特に、
季節の変わり目は、骨盤が変化する時なので、要注意です。


だるい・しびれる・ぬけるよう・キリキリ
ギックリ腰以外に

背骨の下の部分(腰椎部)が痛い、
お尻から太もも・ふくらはぎなどだるい(しびれる)、
こしがぬけるよう、キリキリと痛い…
いろいろなタイプのつらさがあります。

が、
どのような腰痛も、だいたい原因となる部分は共通しています。

それは、
仙骨と腸骨から成る骨盤部分と、その上の腰椎が、
前後に倒れたり、ねじれていたり、傾いたりして、

その付近の
筋肉・靱帯が硬くなっていることが多いのです。
左の図が、一番多い歪みのパターンになります。

脚全体にかけてしびれたり、痛みがある場合は、
腰椎部のゆがみが、腰椎の横にある脊髄神経(左図)を圧迫し

その状態を生み出しています

(「腰部椎間板ヘルニア」、「腰部脊柱管狭窄症」、
 「座骨神経痛」、「すべり症」など)

ですから、
仙骨・腸骨・腰椎の順番でゆがみ等のチェックをし、
そのゆがみを正していきます



骨盤と背骨を正す
ボギボギと骨を鳴らす矯正ではなく、
手の骨(骨盤のツボがあります)に軽く触れるだけで、
骨盤を動かすという超ソフトな矯正方法(
反射法)や、
背骨に軽いタッチで調整する方法(
微圧法)、
あるいは、骨盤・背骨・股関節の歪みを適度な力で正します。

それに加えて、骨盤・背骨の歪みを引き起こす、
骨盤廻りの各筋肉・腸腰筋などを伸ばしたり、緩めたりします。
その際に
股関節のずれ(click!)も確認し、正します。


思いがけないところに歪みの原因が
また、
腰椎は胸椎・頸椎・肋骨と連動してバランスを取るので、
それらのゆがみもチェックします。

ほかに、
腕の筋肉の拘縮や、顎の骨の歪みから
背骨が捻れ、起きている場合もあります。

あと、(靴を履く部分の)や、足首や、二の足の骨膝関節
ゆがんで、骨盤をゆがませているなんて
こともあります。

ですので、可能性の高い箇所からチェックし、矯正を施し、
まだ歪みが残っている場合は、残りの箇所も順に見ていきます。


腰痛に効く体操
  腰痛に効く体操として、
    ①「脚上げゆるめ法(click!)
    ②「寝床体操(click!)
       などが、挙げられます。

  それでも、効果がない場合は、骨盤・背骨の歪みが
  正されていないからでしょう。
  その際は、施術をお受けください。
  楽になりますから。
千日紅








目次へ

腰痛(イメージ)


       灰色部が靱帯
骨盤の歪みのパターン
脊髄神経
姫美女桜



Copyright (c) 2007 Sinyuan All Rights Reserved