本文へスキップ

         し ん ゆ あ ん

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-921-8104

腰痛(原因となる各関節)

腰痛

厚生労働省の発表によれば、腰痛を持つ人は全国で2770万人も
いるといいます。
日本の人口が約1億2700万人だといいますので、その割合は
じつに、およそ5人に1人の計算になります。
さらに、そのうち85%の人びとが原因不明で、何度もぶり返す
腰痛に悩まされているそうです。
このページでは、腰痛の原因となる、各関節の紹介を行います。

腰痛の原因となる各関節

腰の痛みは、背骨の下側の「腰椎」の痛みだけではなく、
そのすぐ下にある
「仙骨」や、仙骨の両脇にある「腸骨」部の痛みも腰痛と呼ばれます。
つまり、「腰椎」と「仙骨」と「腸骨」が、微妙にずれて、
それらを
つなぎ止めている靭帯が硬くなり、伸び縮みができなくなり、腰痛は起こるのです。













     
そのズレの起こりやすい箇所とは、
@「
仙腸関節」→click!
A「
腰仙関節
B「
椎間関節椎間板
C
「仙骨」
D仙尾関節」  です。




〈各部の痛みの原因の箇所の見分け方〉
前かがみで痛み → 「椎間板」に原因
後ろ反らしで痛み → 「椎間関節」に原因
寝返りが打てない → 「仙腸関節」に原因
体が傾いている → 「仙腸関節+仙骨の傾き」に原因
イスに座ってじっとしていられない(モジモジ) → 「腰仙関節」に原因
車から降りるのに痛い → 「仙腸関節+痛い側の腸骨の後傾+股関節の外旋」に原因

その各部については、それぞれのページにて詳しく説明していきたいと思います。